HOME子供と靴

子供と靴

子供の足の大きさは
一年におよそ10ミリ前後大きくなる


年齢と個人差もありますが、
子供の足の大きさは一年におよそ10ミリ前後大きくなるんだそうです。

ということは、5ミリ刻みの靴なら年間で2足靴買い替えないといけません。

しかし、1〜3歳までは一番大きくなる時期ですので
それが当てはまらない場合がほとんどです。
なので、それよりももっと頻繁にチェックして買い替える必要があります。


靴が小さくなったと思ったらまだ充分履ける状態でも、
直ちに上のサイズに履き替えさせること。



お母さんは大変ですが、子供にとっては7歳頃までが、
骨の形成にはとても大切な時期
だそうで、
しっかりした靴を選ばないと骨はゆがんだまま育ってしまい、
結果、外反母趾やその他様々な弊害が足に発生してしまうことに繋がってしまうので、
靴は子供の足に合ったものを必ず本人に履かせて、
慎重に選ぶことが大切です。


本人を連れていかず、お母さんがサイズだけで買って来たり、
履きぐせのついた靴を、鞄や洋服などのように、
弟や妹に”おさがり”で履かせることは禁物ですよ。

ですが・・・

そんなことはわかっていても、やっぱり子供と一緒のお買い物は大変。


じゃあどうすればいいものか・・・?


雑誌やインターネットで通販?
でもその場合は試し履きはどうなるのか?


⇒インターネットの通販の靴でも試し履き出来る?







⇒javari.jp【送料・返品無料!】キッズ&ベビー靴